スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃鉄を解説してみました

どうも
超久しぶりの桃鉄動画を挙げてみました
最近、「1.5Gまで投稿できます」って案内が来たので
お試し的なものも含めて

結果は、凄い画質(悪い意味で)になってしまった
ちょっとお恥ずかしいものだったので、結局
分割で上げなおしたりしました・・・

上げてから日付が変わるくらいまでの間、
ツイッターの通知の音がずっと鳴ってたりして
それを応援と捉えて、ちょっと嬉しく思ったりもしてます

ありがとうございます

解説としては、ちょっと文字を流すのが早すぎたというのが本音
編集中は、基本コマ送りで見るので、どうしても
編集中の普通=視聴中の早送り
になるんですかね

そこら辺は、次回があれば修正するとして

本当は、代表的なカードの説明や
サイコロの期待値の話など、色々説明を盛り込むつもりでしたが
冗長になりすぎるということでそこら辺はカット
・・・もしも全乗っけしてたら、画質がマッハだったわけですが・・・

ともかく、この動画で桃鉄プレイヤーが一人でも増えることを祈って

桃鉄2017では、増資が復活するようなので、
DS以降から参戦のプレイヤーが、迷うことがないことを祈っております
スポンサーサイト

緊急近況報告

リハビリとか





充電期間とか






そんなの関係なしに














ROMのバックアップバッテリーが逝っちゃえば
休むしかないデスヨネワッハッハ

・・・・ハハ・・・

古来より、ゲーマーの心を折るにはデータの一つも消せばいいってな感じで
がんばれゴエモン外伝とかも、データ消去の恐怖と戦いつつ
頑張ったなぁ・・・と思い起こしてみたり・・・

それはさて置き、マジで白の書のデータ、飛びました。
その上、ハードの電源落すとROM挿しっぱなしでも律儀に消えてく無情仕様。

まぁその内こんなことになるのは分かってたんですが
デビチルに関しては、今までの実況の収録に比べて
格段にセーブ・ロード・ROMの抜き差しが多かったですし。
村の移動・情報収集なんかも、最初の収録段階から意識してるんですが
どうしても無駄な移動などで(ガバムーブとか言うな)グダ付くので
編集段階で必要に応じて「これこれこんな感じで移動して、話して」って
随時収録して、つぎはぎしたりしてました。ドラマみたいな感じで・・・

当然セーブ・ロード回数が跳ね上がりってなモンです

黒の書でも何回かあった記憶があるんですが
赤の書がある種バックアップになってくれてたのでダメージが少なかった感じ。

ともかく、新ROMをポチったので、
次こそは完走できるといいね、マサキ君。

100万突破しました

しました。


圧倒的勢いからのスルリと達成でなく
じわじわ型の達成です。

数日前から投稿動画欄に張り付いて、
いつ達成するかって見守ってたのは秘密


あと、新年の挨拶もなく1月を折り返してしまってました
本来なら、白の書のpart1引っさげて1/3くらいに
「ハッピーニューイヤー」(動画をスッと投稿)って感じに
スタイリッシュに決めたかったのですが現実は甘くない・・・
というわけで新年新シリーズ、どうぞ

とりあえず、二月に全て終わろうと思ってたんですが、
予定なんて狂って何ぼの最近の自分の状況、少し伸びそうです・・・


あ、忘れてました

あけましておめでとうございます

なつかしの一本


すごく今更って感じのゲームを一本
さすがにね、毎日毎夜軽く一本
的な感じでパチュリーをボコってから
編集に入ってた身としては
もう手馴れてると言うか
そこまでやってるにしては稚拙な腕前ですが
ノーミスでいいデータが取れたので編集して出してみました。

と、まぁここまでが軽いお話、
こっからちょっと重めのお話。

今回のこの動画の裏の意味は
「自分の『女性1だけで行う基本の実況』のスキルの確認」
結果としては
トークに納得できず、何回もデータを消して削って塗りなおして
納得できる形にはして投稿できたものの、
かつての一日一本ペースにはとても乗らない仕事量。
(まぁ今からみれば昔の動画とか顔から火ぃ出るくらいこっぱずかしい物ですが)
ネタとかが自然に浮き出さない辺りにショックを受けてみたり。

でも、もう五年もやって、投稿数400に迫るほどアップして。
飽き性の自分が足掛け五年、よくやったと褒めてやりたいです。

黒の書完結記念・言い訳大会

というわけで、持てる余力を全て動画編集に費やして
ブログ更新もせず、スパロボZにも浮気せず
ツイッターは少しポチポチしながらがんばって
デビチル黒の書、一応の一区切りです。

この結末は、大体マーブルランドあたりから決めてました。
最初は、「デビチル赤褐色の書」みたいなタイトルで
二つのゲームを融合して、食い違う部分は
どちらかが譲り合って一つのシリーズにってな構想を立ててました

それは無理とわかって漫然とした黒赤並行更新になったわけですが
二人とも同じエンドで果たしていいのか、と思い始めまして
どちらかが結末を踏み外さなければいけないのかな、と。
で、今回のセツナ君がこんなエンドになったわけですが。

今回のエンド、なんというか
黒の書の主人公のみ、進む資格があると個人的に思ってます。
赤の書はどれだけ理由積んでもそこまで到達できないといいますか・・・
つっても、黒の書も今回のエンドを迎えるために理由付けとして
ゴテゴテしいまでの編集を加えてます。
悩んでるのを表現するのに、無言シーンも多用しました(そこの編集は楽でした
でも、なんとか自分の中のセツナ君は納得して
あのエンドを迎えたと思います。

取り留めの無い文章ですが
一年ちょっと掛かって完結した黒の書
あのエンドでちょっとご不満な方も居られるかと思いますが
黒の書は、とりあえずこれで最終回です。
プロフィール

ARS-SA

Author:ARS-SA
京都に潜む動画作成者。
コメントしたりメール上げたりすると
喜びます。
extrabaka_gameplayer
@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。