スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦労>対価

小さな頃から親に言われてました。
「農家ほど割に合わない職はない」

まぁその職に就いてるって事で、自虐的な要素もあったんでしょうが

この時期になると、親のその言葉がよみがえります。

稲刈り

ごっつい専用の乾燥機出して
コンバイン出して
籾を運搬する容器を出して、組み立てて
そして今日、ついに稲刈り本番。

外は真夏日。秋なんて嘘っぱちですわホント。

カマキリやらバッタやら、いろんな虫が飛び交う中を
コンバインでひたすら刈っていくわけです。
もうまじあつい。
おまけに今年、大型且つ、速度が遅い台風襲来
+稲の出来が良すぎてほぼ全部の稲が倒れてる。
刈りにくいんだよマジデモットガンバレヤレバデキルッテ
そしてモミの破片が皮膚にブッ刺さって汗も絡んで
めっさ痒い、痛い。

こんな苦労の末、私は向こう一年の我が家の主食を守りました。
(写真をとろうとしましたが、ブログに晒すと言うと止められました
 倒れてるのはみっともないとか何とか・・・)


この苦労はアレだな。
新米の塩にぎり。冷えたお番茶セット
コレを2,3個食って相殺かな・・・





あ・・・もう一枚、もち米の稲刈りがあった・・・
もう俺やだよママン・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

モミの痒さは異常。ほんともう痛痒くて無理←
あの袋の重さによる筋肉痛と相まって死にそうになります‥

今年は仕事の都合上手伝えないので、何か救われたような‥そんな気分。


暑さも寒さも彼岸まで‥もうすぐ涼しくなる‥‥‥はずっ
さ技師さんファイトです!

No title

私も祖母が田んぼ持っているので他人ごととは思えない。

稲倒れてると大変ですよね。まぁ機械使えるならまだましですよ。
以前ほぼ全倒しの時に、お隣のおじいさんおばあさんは全部手で刈ってましたから。

年配の方には頭が上がらないです。

No title

私は、今年の春、祖父母が知人の方から借りていた畑(小さいですけどね)を返すことになり、その際に虫の鬱陶しさ等を久々に味わいましたが…本当にお疲れ様です。でも、新米のおにぎりって、ガチで旨いですよね。

ところで、新作の真・女神転生ですが、こちらにはマイリスリンクは貼られないのでしょうか?単に気になっただけですが。

No title

稲が倒れてると大変ですよね。
我が家の田んぼは(出来が悪くて)倒れなかったものの機械トラブルで…
同じ農家として稲刈りお疲れ様でした!

No title

収穫前の波打つ稲穂は息を飲むほど美しいものですよね。
あれを見てしまうと、人事を尽くした後のどうしようもない部分が大きいとは言え、
倒伏したのはみっともないと仰る気持ちも納得してしまいます。
兎も角、自分は非農家ですが農学の一端を学んだものとして、その辛苦を労いたいと思います。お疲れ様です。

No title

小学生の頃にコンバインという機械を初めて知った当時、スパロボを嗜んでいた私には、コンバトラーVが真っ先に浮かびました。
・・・・・さ技師もきっとそうだったと信じたい!

No title

あの台風で倒れた稲は収穫出来るんですか!あんなに育てたのに風にやられて可哀想だなーとか勝手に思ってましたが。良かった良かった

No title

米が大好きな俺からすれば
さ技師さんたち農家の人々は尊敬できますね。
やっぱり輸入品の食べ物より日本の食べ物にかぎりますわ。
というわけで今日ももりもり新米を食べますかね~

No title

私も子供の頃から田んぼに狩り出されました。。。



ちなみ、農業は成長分野ですよ!!
人口増加に伴う食糧需要の増加に対して、
各国の農地改革、緑の革命などによる供給力の増加には限界があり、
年々、需給が切迫しているようです(下記URL参照)。

また、5大商社などの成長戦略にも「食糧分野」が掲げられてますよ。

農家、もしくは、農協を除いた農家が連携して、「流通」と「海外展開」を強化すれば、十分に個別農家の所得をあげることができると思いますよ。

例えば、「流通」に関して言えば、「萌米」ってありますよね?
これをリスペクトして、「さ技師米」を作成してもいいと思います。
ドワンゴ、ハドソンと協力してもいいし、Pixivで活躍されている絵師さんをヘッドハンティングして米袋の絵を作成してもらうのもいいと思います。
後者の場合は、「絵師さんとの連携」「米袋の印刷」「購入者への付加価値追加へのアイデア」「ネット販売をするためのHP作成」「発送するための配送業者との契約」という5つの努力で実現化できるかと思います。不安があれば、「萌米」作成者である、秋田県能代市の個人企業・BANS Corp.(バンズ コーポレーション)を訪問して勉強をさせていただく、という方法もあるかと思います。

さらに言えば、このブログを活用して、さ技師農園(仮)発展のためのパブリック・コメントを募集してもいいと思いますよ。


食糧需給予測に関するURL
農水省:http://www.maff.go.jp/j/study/syoku_mirai/pdf/data2-3.pdf
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/090116.html
http://166.119.78.61/j/council/seisaku/syokuryo/syokuryo_mondai/pdf/data01_2.pdf
FAO:http://www.fao.or.jp/fileadmin/contents/publications/FAOkaikaku-8.pdf
国会図書館:http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/0617.pdf

No title

第一次産業ほど今の日本で大切なものはないですよ

神奈川にはそんな風景がないんで ちょっと憧れますヨ

No title

たまに田舎に帰ってする畑いじりは楽しいけど、
やっぱり職業になると大変なんやねぇ
場所分からないけどさ技師さんと同じ府民なので
稲刈りしてたらアレそうかなぁ?って思いそうや

No title

あれ……?
農家やってるって事は
さ技師意外とガチムチだったり……?


ふぅ……

No title

親戚が農家なのですが、仕事のことはめったに訊かないし、そもそも会う機会が年に1回あるかないか位なのでまったくわからないのですが、ブログを読む限り結構きつそうではありますね…。
しかし、向こう1年の我が家の主食を守った、って表現はなんかすごいですねw
そのまんまでしょうけど。
あと、新米の塩にぎりは最高のごちそうだと思いますよ!

そういえば最近、北海道は最低気温15度以下とかトチ狂ったことになってます。
秋のさわやかな天気をすっ飛ばして、昼間も割と肌寒かったりします。
衣替えがおっつかねぇ…。

No title

地球温暖化からの影響か、近年、気温が高くなっているため、
米などの農作物への悪影響が懸念されています。

さすがに、これに関してはチートはできないと思うので、
気をつけてください。

No title

さ技師農園栄光への軌跡 パート1『販路拡大案』

Q.「農家の所得が少ない原因は何か?」
A.原因としては主に次の3点が考えられる。
「高コスト体質」「収穫量の少なさ」「販売価格の低さ」である。

このパートでは、「販売価格の低さ」に焦点をおいて検討したい。
基本的に、「普通の農作物」として市場に提供すれば、高い所得を得ることは難しい。
それゆえ、農作物に付加価値をつけて、販売価格を高めることが重要になってくる。

高付加価値化については、宮城県の米農家石井稔氏(1個3800円の駅弁のご飯に採用されている米農家)、
農業経営者木内博一氏(売上1億円を超える個人農家を生み出す経営者)が参考になる。
石井稔氏動画URL:http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ref=em_over&ch_userid=whasn&prgid=40009704&linkskip=
木内博一氏動画URL:http://veohdownload.blog37.fc2.com/blog-entry-2314.html


次に、さ技師農園の利点について検討してみたい。
利点1.「知名度、人気がある」
ニコニコ動画を営利目的で利用することには抵抗があると思います。
しかし、私はこれはビジネスチャンスだと思っています。
多くの人々に笑顔を提供する能力を、自らの生きるための手段として活用することは、全く問題ないと思います。
また、どうしても批判が強い場合は、「ひろゆき氏」と対談して、
ひねくれた彼を説得すればいいと思います。


利点2.「信頼性を与えることができる」
ブログ解説、高い動画作成能力を活かし、農作物が育つ過程を視聴者・消費者に伝えることができる。
そのことを通じて、消費者から信頼性を獲得できると思います。
それに、1日1日、自らの子供である農作物が育つ過程を視聴者にも届けることで、
愛着を持ってもらうことができると思います。
そうすれば、形の悪い野菜や割れている野菜すらも、値下げをせずに商品として提供できると思います。

No title

実家に帰るたびに「バババッ!バババッ!」と祖父に耕運機を動かせと強請っていた。
そんな悪ガキ時代を耕運機の音を聞く度に思い出します。

やっぱり新米はうまい!!今年もモリモリ食べちゃうぞーーー!!

あ、初コメ失礼しました~!!
プロフィール

ARS-SA

Author:ARS-SA
京都に潜む動画作成者。
コメントしたりメール上げたりすると
喜びます。
extrabaka_gameplayer
@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。