スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画完結の感想をアレコレ

ブラウザ側のパスワード記憶が解除され、
ついでに自分の記憶もいい感じに風化して、
ログインできずに半年放置、土下座するしか手はない状態ですね、ハイ。

まぁそれはさて置き(置くなとか言わんといて)
先日、デビルチルドレン白の書を完結させる事ができました。


正直、まとめ方に不満です。
具体的に言うなら、某テンシさんの描写に手を加え切れなかったのが不満です。

タカハルが、マサキと戦う決意をした動機付けも相当悩んで
悩んだ結果、かなり自然に導入できたんではないかと思うんですが、
その上司のテンシさんは、7月31日、予告した投稿日
ギリギリ限界当日になっても、まだ悩んでました。

既プレイのかたが動画をご覧になればお分かりのように、
テンシの動機に関しては全く手を加えていません。
というか加えられませんでした。(〆切時間的な意味も含めて)

だから、ここで当時考えてた動機案を並べて、少しでも敗北感を
打ち消してみたいと。



乗っ取り展開
ミカエルたちがハルマゲドンに動き出した際に、
エタニティパレスを任されたラグエルは
「もしこのままハルマゲドンが成就しても、
世界は変わらないのではないか
ならいっそ、全てを崩して初めからやり直すのも手ではないか」

という考えを、チラッと頭によぎらせてしまった。
その結果、アルティミアから封印の鍵になっているラグエルの隙を
常に狙っていたジャシンに付け入られ、
あのような計画を立てるようになってしまった。
その際、ラグエルのマジメな魂は体から弾かれ
エタニティパレスのエデンに縛られ、
手を出す事も、誰かに状況を伝える事もできず
見守る事しかできなかった。

マサキたちがエデンからアルティミアに旅立つ際、霊体として現れ
全ての事情を語り謝罪した後、マサキたちを激励して消えていく。

①´エデンではなくシャドウ
①の案から派生して、本体から弾かれたラグエルの魂は魔界をさ迷い
大地の魔界で、デビルチルドレンを待ち続けることを決意した。
114 シャドウ
つまりこのデビルを絡める展開。

①乗っ取り展開 没理由
長い。
これに尽きます。
エデンでタカハルとホシガミが合わさって、テンション高まる時に
冷や水ぶっ掛けるような長々とした語りになってしまい、
尺的にも展開的にも合わなかった。


絶望展開
ラグエルはホシガミやジャシンと
最も近くに位置して来たテンシらしいので
「ハルマゲドンで繰返された世界も、全ての記憶を保持して存在する」
という設定を付けて膨らませてみました。
つまり、何度も世界の終わりと巻き戻しと、
揺らぎ程度にしか変化しない世界
それでも不毛に巻き戻しを選び続けるテンシたち。
そして一度でもハルマゲドンが選ばれれば、
世界は破滅へ確実に一歩進む。
そんな、後戻りできない世界の命運に絶望して
「いっそ私が、憂いがない完全な世界を作ろう」と模索しだした。
エンゼルチルドレンを作り出したのも、エデンの扉を開いて
テンシだけではない、多くの戦力をエデンに持ち込めるため
マサキに興味を示したのも、全ての障害をショートカットするため
そして全てが無理なら、ジャシンに一度滅ぼさせてからの世界創造


②絶望展開 没理由
ゲームから漂ってくる、ショウを利用してまで
マサキとタカハルを離間を画策する外道ッぷり
終盤の超急速の小者化、つまり
行動が支離滅裂になってしまう
というどうしようもない噛み合わせの悪さから断念

結果的に、ラグエルは本来のゲームの通り
世界を思うままにしようと画策し、それが無理となればジャシンを復活させ
その代償として消滅する、という展開に落ち着きました。



いやぁ、白の書ゆっくり魔界救星記は難産でしたね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ARS-SA

Author:ARS-SA
京都に潜む動画作成者。
コメントしたりメール上げたりすると
喜びます。
extrabaka_gameplayer
@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。